mail
information
home

お酒が作る出会いと発見を大切に...お酒の新しい発見をご一緒に見つけませんか。

お酒が持つ楽しさ・素晴らしさをご提供します。


 
北海道.栗山町 小林酒造 北斗随想(ほくとずいそう)
北海道.栗山町 小林酒造株式会社
北斗随想 HOKUTOZUISOU
明治11年に道内産清酒の先駆けとして醸造を開始。「北の錦」の商標は、創業者の小林米三郎氏が北海道の地で錦を飾ってやろうという意気込みを表したものです。夕張をはじめ旧産炭地に囲まれる栗山町で、のどかに広がる田園となだらかに連なる丘陵、そして清らかに流れる夕張川の辺で北海道の美酒を醸し続けています。
「北斗随想」のレギュラー商品のご案内は、こちらからお進み下さい。
-ほくとずいそう じゅんまいぎんじょう しずくどり-
北斗随想
純米吟醸 しずくどり
北斗随想 純米吟醸 しずくどり
使用米 北海道産米 吟風100%
日本酒度 ±0.0 精米歩合 45%
酸 度 1.8度 アミノ酸度 1.5度
アルコール度数 16.0度以上〜17.0度未満
価 格
(税込み)
0720ml:1,944円(ギフト箱無し)

北斗随想の年に一度の限定商品「純米吟醸酒 しずくどり」です。米、水、杜氏すべてが純北海道産にこだわりました。使用米には、北海道産の酒造好適米「吟風」を使用し、精米を45%まで行うことで酒本来の旨味と大吟醸のようなフルーティーで上品な香りに仕上がっています。火入れを行わず、生酒で出荷することで味わいと香りにいっそうの透明感を感じるグレードの高い一品です。純米大吟醸の高い吟醸香を持つ生酒。しっかりとした飲みごたえのある味わい。

(首掛けの文章より抜粋)
『北海道を愛する清き精神の結晶として』
美しき自然と育みの心そして卓越した技。あらゆる環境に恵まれて「北斗随想」は声明を上げました。この大地にこだわり、造り手の顔が見え、飲む人に喜びと感動を与えてくれるお酒を求めて数年。私たち酒屋の気持ちをご理解頂き、このたび希望をかなえて頂ける蔵元があり、ここに米、水、杜氏とも純粋北海道の美酒は醸し出されました。どうぞこころゆくまでご堪能ください。

720ml購入
「北斗随想」のレギュラー商品のご案内は、こちらからお進み下さい。